皆様こんにちは。 😛 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本格的な冬が到来しました。急な気温の変化は、風邪などの感染症に気を付けなくてはいけませんね。それとともに、腰痛、関節痛の悩みのある方は、なるべく体を温めて痛みを軽減できると、日頃の生活が楽になります。実は、それらの冷えや痛みは足の裏と密接に関係しているのをご存知でしょうか?

足にあるアーチの構造が崩れると、全身の骨の位置関係に影響を及ぼします。寒い時期こそ足底筋群を刺激して冷えを解消し、全身のバランスを整えましょう。

足は片足28個の小さな骨と筋肉、靱帯で構成され、縦横にアーチを形作っています。アーチは親指の付け根からかかと(内側アーチ)、小指の付け根からかかと(外側アーチ)、親指の付け根から小指の付け根(横アーチ)の3つがあります。

これらのアーチは日常動作や運動時の着地の際に衝撃を吸収する役割と、足を蹴り出す時のバネの機能を持っています。足の裏にある足底筋群が弱ったり硬くなったりすると、アーチが崩れて、外反母趾(ぼし)など足のトラブルを招きます。

足のアーチは膝関節や股関節、骨盤、腰椎などと連動しているため、ゆがみが生じると膝関節の変形や股関節痛、腰痛など不調が全身に広がります。歩幅が狭くなり、運動機能が低下するのです。血行不良による冷えやしもやけ、足のけいれんなどを招くことがあります。

足のアーチ機能を保つには、足底を適度に刺激し柔らかく保つ、あるいは温めると効果があります。足底筋群と全身を一緒に動かして、多くの筋との連携を促すことが特に重要になります。

足底の曲げ伸ばしストレッチ

① イスに座って、足の指をグーパーするようにゆっくり動かす。足の指が上から見えない状態になるのが理想です。

②足首と足指のストレッチをします

・壁やいすにつかまって、足の甲を床につけるように前に押し出す

・くるぶしを外側に押し出す

・足の指を足裏に向けて曲げる

・足の指を足の甲に向けて曲げる

1ポーズ当たり10秒を目安に動かしましょう

③全身連動型のトレーニング

・壁や椅子に手を添えて、両足をそろえて立つ。

・かかとを合わせて足指を軽く反らせつつ、つま先を開いていく(つま先反らし)。

・両足のつま先を合わせたまま、足裏を縮めるように足指を曲げて、左右のかかとを離す(かかと開き)。最後につま先をそろえて、かかとをゆっくりと高く上げる。(かかと上げ)

いずれも8秒ほどかけて、ゆっくり滑らかに、2~4セットほど続けましょう。下腹をへこませるようにして、足から膝、腰、上体を意識しながら動かします。(お尻を突き出したり、腰が反ったりしないように注意)

終わったら、再度①で足の状態のチェックします。

足の手入れ時や入浴時には、爪や皮膚の様子に加えて足の元気度も確認しましょう。足底筋群に適度な刺激を与えるのを習慣づけるとよいでしょう。

足に関するお悩みは、当院までご相談ください


The following two tabs change content below.
森 康敏(もり やすとし)

森 康敏(もり やすとし)

「森こう整骨院」院長。「にっこり健康いつまでも」をモットーに、生まれ育った旭町で、地元の方々に笑顔でいつまでも元気に暮らして頂ける整骨院を作りたく、平成20年10月に開院いたしました。
森 康敏(もり やすとし)

最新記事 by 森 康敏(もり やすとし) (全て見る)

※効果には個人差があります

森こう整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
森こう整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 044-222-5132 受付:9:00~11:30/14:30~19:30(土曜:~17:30)
休業:日曜日、祝日
住所:川崎市川崎区旭町2-24-3(旭町商店街)
   (駐車場完備)
最寄駅:京急大師線 鈴木町駅徒歩5分
    川崎市バス・臨港バス 中島交番前徒歩3分
地図・行き方